お知らせ

お知らせラグビー日本代表リーチマイケル選手と対談しました。

8月14日、NAGOMi会長の武部勤は東京都内のホテルでラグビー日本代表リーチマイケル選手と対談し、外国人材共生とラグビー日本代表やスポーツとの関わりを議論しました。
NAGOMiの提言では、外国人材共生のシンボルとしてリーチマイケル選手を取り上げています。

NAGOMi会長の武部は、リーチマイケル選手の母校である札幌山の手高校のモンゴル人留学生、ダバジャブ・ノロブサマブー選手(通称ノロブ選手)への期待を聞きました。リーチマイケル選手は「ノロブ選手はアジアのラグビーを強化するという理念で発掘・支援した留学生だ。日本にはアジアのラグビーを強くする役割がある」と語りました。

お知らせ大谷晃大・外国人技能実習機構理事長と対談しました。

8月11日、NAGOMi会長の武部勤は外国人技能実習機構本部で大谷晃大理事長と対談しました。最近の外国人技能実習機構の取り組みや技能実習の送り出し国など海外との関係強化などについて話し合いました。